育休でもお金を稼ぐための体験談

産休のタイミングで仕事を辞める女性は少なくありません。

やめざるを得ないお仕事というケースもありますよね。

ですが育休中は何かと物入りです。

お休み中にもなんとか家計の足しになる稼ぎ方はないのか?

今回は育休中の主婦が副収入を得ようと苦心した経験談を紹介します。

 

不用品はとにかくメルカリへ

結婚5年目の専業主婦です。

幼稚園費用が一気に支払いになったことから金欠になりました。

そのときは家賃 10万 、食費6万 、電気ガス水道3万、保険1万 。

おもにクレジットカードの支払いがきつかったです。

しかたなく急遽、仕事を見つけてパートで働いてしのぎました。

また節約料理のレシピを調べ、不用品はメルカリで売りました。

少額でもコツコツ 貯金することが大切です。

児童手当も絶対に手をつけずに貯金する事や教育費、被服費などお下がりが貰える物はお下がりを利用しましょう。

習い事も吟味して、半年ごとに見直して辞める決断も大切です。

 

育休中は内職で少しでも家計の足しに

できちゃった婚でしたので結婚後仕事を辞めました。

私の給料がなくなり旦那の給料だけでは非常にピンチでした。

結果嫌でしたが、旦那実家で同居することになりました。

食費、光熱費は負担してもらえて大丈夫でしたが、旦那も転職したばかりで本当にお金がありませんでした。

保険の支払いも滞るほどでした。

そのため、内職をして出産後はすぐに働きはじめました。

その後はなんとかなりましたが、大変な経験だったのを今でもしっかり覚えています。

 

謎の高額モデル仕事

結婚して間もないとき、夫がリストラされ収入が安定しないときがありました。

一番困ったのは家賃です。

今度こそ払えなくなると思い自分も仕事を探すことにしました。

その頃は子供がまだ一歳だったので預け先も探さなくてはならなかったです。

そして車の免許もなかったので、かなり限られた範囲で探す必要がありました。

電車で通えて、駅近くの託児所を探す。

託児代を払っても手元にお金が残るように、計算するとフルタイムで働くしかない。

でも託児の預かりは越えてしまう。

そのときにフォトショップの受付が高額で募集してました。

応募してすぐ採用。働く前に打ち合わせに行き、水着の写真を撮らせてほしいと言われました。

その分を給料で払うと。仕事は私とカメラマンだけで、カメラマンは男性。

お金に困っている話をしたからか、そんな話を提案されて家族に相談しました。

結果、お断り。

どんなにお金に困っていても冷静に考える必要があると勉強になりました。

 

働けるまで実家の野菜で食いつなぐ

夫婦共に20代前半で子供を産みました。

子供が1人の時はお金には困りませんでしたが、2人目が産まれ3人目が産まれてからは生活がきつくなりました。

結婚6年目頃からです。

1人目や2人目の時は私も仕事をしたり、週末にバイトをしていましたが今子供が3人もいると小学校、幼稚園、習い事の行事などは増え働く時間が無くなってしまいました。

実家が近いママだと実の親が幼稚園の送り迎えや、子供が風邪を引いて休まなきゃいけない時も頼る事が出来ますが、私は結婚を機に地元を離れ県外に住んでいるので実家を頼ることは出来ません。

出費が重なりキツイ時は実家のおばあちゃんが畑をやっているので野菜を沢山送って貰ったり、母に生活費を借りてどうにかやっています。

早く自分が働ける環境にならないかと焦りを感じていますがそれも後もうちょっとだと今は節約生活真っ只中です。

 

保育園の順番待ちで働きに出られない

できちゃった婚ですぐに結婚、出産をしたものの、相手の収入をあまりしらなかったのもあり、引越し作業や出産費などで貯金もあっという間にそこをつき、そこから旦那だけの収入で生活するのはかなり節約しないと厳しい状態です。

子供もまだ1歳なのでオムツ代やらミルク代やらでなんだかんだ月3万は飛びますし、出費がとにかく多いです。

携帯代、光熱費、家賃、食費、それだけで旦那の給料だけじゃ賄えなくなり、私もできる範囲で携帯アプリで仕事をしたりしながらコツコツ貯める毎日が続いています。

早く私が仕事を始められればいいのですが、保育園にいれるのも順番待ちで中々はいれません。

仕事を探しても見てもらえる場所がなければ働き口さえみつけられない今の現状だと赤字続きでそのうち街金などでお金をかりなければ生活できなくなりそうなほどになってきました。

借りてしまったら最後返せる見込みがないのもわかっているのでそれだけは避けたいです。

 

まとめ

自宅を空けられない育休中は収入を得る手段もかなり限定されます。

ハッキリ言って時給もよくありませんよね。

しかしそんな不満につけこんでくる怪しい話も少なくありません。

悪くすると犯罪に巻き込まれてしまうかもしれません。

あまりに高収入の仕事には注意してくださいね。

 

体験談
育休中お金が足りない人が読むブログ